オーディオ買取専門店で査定をしてもらおう

オーディオ買取専門店で査定をしてもらおう

オーディオ1

ヘッドホンやアンプ、そしてスピーカーなど、さまざまな種類のオーディオ製品があります。もしも、使わないオーディオ製品を所有しているのなら、売却すれば、お金に換えることができます。ただし、オーディオ買取専門店に査定を任せなければ、適切な値段で売却するのは難しいので、得をしたいのならきちんとお店を選定しましょう。

(denonのオーディオ機器を買い取りしてもらうときのコツは?)

オーディオ買取専門店を利用すると良い理由

リサイクルショップや本屋の家電買取部門に売りにいった場合、知識があるスタッフがオーディオ製品の査定をするとは限らないです。知識がなければ、数多くあるオーディオ製品の査定を正しく行うのは難しいので、納得できる金額を提示してくれないかもしれません。

オーディオ買取専門店ならば、知識があるスタッフが査定をしてくれるため、適切な金額になる可能性が高いです。世間一般の相場だけではなく、お店での売れ具合やプレミアも加味してくれるので、適切な価格でオーディオ製品を売却できるでしょう。

都合に合わせて査定方法を選ぼう

オーディオ11

売値を知るためにオーディオ製品を査定してもらいたい場合、店頭査定、出張査定、宅配査定の三通りが用意されているため、自身の都合に合った方法を選びましょう。現在では、どれか一つではなく、すべての方法を採用しているオーディオ買取専門店も多いので、好きに選んで便利に査定できます。

なお、オーディオ製品の場合は、箱や説明書を紛失していたとしても問題なく査定できます。

実店舗が近くにあるなら店頭査定

オーディオ買取専門店が近くにあるのなら、店頭査定を利用するのがもっとも簡単な方法です。店頭査定を利用したいなら、店舗を訪れて、査定用のカウンターが用意されていないかチェックしてみましょう。お店の入り口付近に用意されている場合もありますし、支払いをするレジの隣に設置されている場合もあります。

査定用カウンターを見つけたのなら、スタッフに声をかけて、持ち込んだオーディオ製品を渡せば査定を開始してくれます。査定はすぐに終わるのではなく、オーディオ製品の状態をチェックしなければいけないため、しばらく時間がかかる場合がほとんどです。

受け付け番号を渡されて、呼ばれるまで待つシステムのところが多いので、自分の順番がくるまで待ちましょう。そして、査定が終わったのなら、店内放送で呼ばれたり、掲示板に番号が表示されたりします。あとは、スタッフから査定額を教えてもらえるので、売却するかどうか決断しましょう。

取引を決めたのなら、契約書にサインをして、その場で直接お金を受け取ることになります。必要なのは身分証明書だけなので、店頭査定はとても気軽に利用できる方法だといえます。

サイズが大きいオーディオ製品を売るなら出張査定

高さが1メートルを超えるようなスピーカーや、重さが20キロ以上のアンプなど、サイズがとても大きいオーディオ製品はたくさんあります。もしも、それらを店舗に持っていくとなると、かなりの手間が必要となります。

場合によってはトラックが必要になりますし、一人で持ち運ぶのも大変かもしれません。このようなオーディオ製品を売りたいのなら、出張査定の力を借りましょう。出張査定は、オーディオ買取専門店に連絡をして、申し込むことで活用できる査定方法です。

利用したい日時を伝えることで、自宅にオーディオ買取専門店のスタッフがきてくれ、査定を行ってくれます。もちろん、持ち運ぶための手段も用意してくれるので、苦労をせずに、大きなサイズのオーディオ製品を手放せます。

スタッフにわざわざ自宅まできてもらうため、出張費用が発生すると考える方もいるでしょう。しかし、無料サービスとして行っているオーディオ買取専門店が多いので、無駄な費用をかけずに査定をしてもらえます。出張査定の場合も身分証明書が必要なので、用意をして、尋ねてくるのを待ちましょう。

なお、出張査定を頼みたいのなら、まずはオーディオ買取専門店によって異なる、対応エリアを確認しなければいけません。オーディオ買取専門店のホームページを見れば、対応するエリアの地名が記載されているので、自身が住んでいるところに出張してくれるか確認してみましょう。

ただし、対応エリアは目安として記載しているだけで、実際はそれ以外の地域にも出張してくれる可能性があります。そのため、対応エリア外だとしても、記載されている地域の近くに住んでいるのなら、試しにオーディオ買取専門店に連絡して聞いてみましょう。

運送業者を活用できる宅配査定

宅配査定をオーディオ買取専門店に申し込めば、売りたいアイテムを、ダンボールなどに入れて送るだけで査定してもらえます。

対応エリアは設定されていないため、どこに住んでいてもオーディオ買取専門店の利用が可能です。近くに、オーディオ買取専門店がない方にとって、全国各地から利用できる宅配設定は、とてもありがたいサービスだと言えます。

元払いではなく着払いで送れるところも多いため、オーディオ製品を査定してもらうために運送料金を支払う必要もありません。ちなみに、運送業者によっては、宅配査定と相性が良い集荷というサービスが用意されています。

インターネットから運送業者に集荷サービスを頼めば、梱包したオーディオ製品を自宅まで取りにきてくれます。サイズが大きいオーディオ製品を売却したいのなら、玄関まで持ち運ぶだけで良い集荷サービスを活用したほうが便利でしょう。

宛先を記載した伝票も持ってきてくれるため、手間をかけずに、オーディオ買取専門店の宅配査定を利用できます。お店によっては宅配査定を申し込むときに、集荷サービスの手続きもできる場合もあるので、いつ頃取りにきて欲しいか事前に決めておきましょう。

なお、店頭買取と出張買取は対面で行われるサービスですが、宅配査定は一切スタッフと顔を合わせることはありません。つまり、売却を決めたとしても、手渡しでお金を渡してもらうことはできないのです。そのため、宅配査定の場合は、身分証明書だけではなくお金を振り込むための銀行口座も必要となるので、用意してから申し込みましょう。

査定後でもキャンセル可能

オーディオ買取専門店で査定をしてもらったとき、満足できる金額が提示されなかったのならキャンセルが可能です。あくまで査定をしてもらっただけなので、査定金額を聞いたあと、売却するかどうかは個人の自由となります。

他のオーディオ買取専門店で査定をしてもらえば、もっと高値が付く可能性もあるため、納得できないのならお店に遠慮せずキャンセルしましょう。

参考サイト《オーディオ買取
オーディオ高く売れるドットコム - オーディオ買取なら専門店のオーディオ高く売れるドットコム|実績公開中・出張買取全国対応